くす◎クス笑顔通信

  • HOME
  • くす◎クス笑顔通信

くす小児科
くす◎クス笑顔通信
第20巻 6号

2022年6月1日発行

MONTHLY SCHEDULE 2022.6

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
学会休診
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
PM休診
26 27 28 29 30  

くす先生のメッセージ

梅雨の季節を迎えますね。食中毒の発生しやすい時期ですのでご注意くださいね。
新型コロナウイルスはなかなか流行の収束が見られず、若干減少しながらも、小児でも感染者が続いています。幸い、軽い上気道炎や胃腸炎の症状で回復される方がほとんどですが、発熱された場合の受診ルール、検温、手指の消毒、待合室の人数制限等、感染対策へのご協力を引き続きよろしくお願いいたします。マスク着用ルールが変わってくるようですが、夏に向かって熱中症には十分ご注意くださいね。特集記事をご覧ください。
例年ゴールデンウイーク明けは、体調不良に陥りやすい時期でありますが、最近特に、倦怠感や頭痛等を訴えるお子様や自律神経の不調とみられる方が増えています。我慢しないで、体の声を聞いて、休養を心がけましょう。ご心配なことは遠慮なくスタッフにお声かけください。
今月も11日(土)は学会参加のため休診とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ご案内

ご来院時には、検温や手指の消毒、マスク着用など、ご協力いただきありがとうございます。
☆本日発熱している(発熱があった)患者さまは、別室での診察をご案内させていただきます。
自動受付をされ、目安時間にご来院ください。入口でスタッフに発熱がある旨お伝えください。
入口スタッフ不在の場合は、一旦お車にお戻りになり、受付にお電話をくださいますようお願い致します。お車で待機いただき、診察のご案内をさせていただきます。
☆午後2時~4時は、感染症症状のない方の受診時間とさせていただいております。
予防接種、健診、アレルギー診療などのご予約をされている方で、咳・鼻水・下痢等感染症症状のある場合は、当日の一般診療の時間の受診をお勧めしますが、予約時間にご来院される場合は、駐車場でお車から受付にお電話をお願いします。別室へご案内させていただきます。
☆再診の方には、電話・テレビ電話による診療を行っております。
ご希望の方は受付までお電話ください。

「新しい生活様式」での熱中症予防

感染対策のための「新しい生活様式」が続きます。夏を迎えるにあたり、いっそう熱中症にもご注意ください。
(1)マスクの着用時は水分補給をこまめに!
・高温や多湿の環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離 (少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
・マスク着用時は、強い負荷の作業や運動を避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。
・2歳未満のお子様にはマスクを使用しないで下さい。(窒息のおそれがあります)
(2)エアコンと換気の併用を!
エアコンによる冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。換気により、室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。
(3)異変を感じたら、涼しい場所へ!
少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動しましょう。
屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。


感染症ニュース

  • 新型コロナウイルス感染症の流行は続いています。
  • 胃腸炎症状を伴う、熱の長引くかぜ(アデノウイルスまたは類似の感染症)が流行しています。強い結膜炎症状を伴う場合は、咽頭結膜熱(プール熱)といわれます。
  • ウイルス性胃腸炎が流行しています。
  • 発疹(一部じんましん)を伴う夏かぜ感染症が増えています。
  • 溶連菌感染症が流行しています。
  • 咳が長引いたり気管支炎・肺炎を引き起こすかぜ=マイコプラズマ感染症RSウイルスなどによる感染症が流行しています。
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・水痘(水ぼうそう)が若干流行しています。