くす小児科

松山市の小児科・アレルギー科 くす小児科

〒791-8017 愛媛県松山市西長戸町274-2
TEL 089-911-0550
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

くす◎クス笑顔通信




くす◎クス笑顔通信

くす小児科
くす◎クス笑顔通信
第16巻 12号

2018年12月1日発行

 

MONYHLY SCHEDUE  2018.12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23
天皇誕生日
24
振替休日
25 26 27 28 29
PM~
30
年末休み
31

1/3まで
         

くす先生からのメッセージ

 早いもので、今年もあとわずかになりました。 寒くなってきましたが、クリスマスが近づくこの季節はワクワクしますね!みなさまのところにも、サンタクロースがやってくるのが待ち遠しいですね。
 今秋は咳や熱の長引く感染症の流行が続いており、肺炎クラミジア感染症・RSウイルス感染症・アデノウイルスや類似のウイルスによる感染症も続き、ウイルス性胃腸炎の患者様も増えてきました。水分がとれずぐったりしている場合は、十分な治療を受けていただくため、自動受付の順番にかかわらず、早めにご来院ください。
 例年年末年始よりインフルエンザの流行が始まります。うがい・手洗い・換気などに気をつけ、休養を心がけてお過ごしくださいね。どうぞよいお年をお迎えください。



 
年末年始休診のお知らせ  
12月29日(土)午後~2019年1月3日(木)
年末年始休みとさせていただきます。

上記期間は、救急病院・急患医療センター・
松山市医師会休日診療所をご利用ください。
 

 

感染症ニュース

咳が長引いたり気管支炎・肺炎を引き起こすかぜ=マイコプラズマ感染症や肺炎クラミジア
感染症
、特にRSウイルスによる感染症が流行しています。

口内炎・発疹(一部じんましん)を伴う手足口病などの夏かぜ感染症が引き続き流行しています。

胃腸炎症状を伴う、熱の長引くかぜ(アデノウイルスまたは類似の感染症)がかなり流行しています。
強い結膜炎症状を伴う場合は、咽頭結膜熱(プール熱)といわれます。

溶連菌感染症は引き続きかなり流行しています。

ウイルス性胃腸炎がかなり流行しています。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・水痘(水ぼうそう)は、若干の流行が見られます。

ワクチン情報 =定期接種 =任意接種

インフルエンザ  New!

ただいま接種実施中!
申し訳ございません。ご予約は終了とさせていただきました。
接種開始は10/6(土)より。(卵アレルギーの患者様は10/9(火)より)
◆予約はWebまたは受付窓口で承ります
http://g.net489.jp/ks0550in/

【接種回数】9ヶ月~13歳未満は2回、13歳以上は1回
【料金1回 3,500円(自費)
 ※卵白未摂取の卵アレルギーの患者さまで、
インフルエンザ予防接種が初めての場合は、  
テストが必要ですので、窓口でご予約ください。

おたふくかぜ

推奨接種スケジュールは、1回目1歳(MRI期頃)、2回目5~6歳(MRⅡ期頃)です。
もし1回目が遅れた場合は、2回目は5年後までにしましょう。

【料   金】   1回5,140円(自費)

ロタウイルス

ロタウイルスは乳幼児の急性重症胃腸炎の主な原因で、急性重症胃腸炎になると、脱水の進行や痙攣が見られたり、重症化のため入院が必要な場合もあります。
ワクチンは、重症ロタウイルス胃腸炎の発症を92%予防します。
※スケジュール上、ヒブ・肺炎球菌との同時接種がお勧めです。

【接 種 時 期】   生後6週~24週0日までに2回接種(経口接種)
※生ワクチンのため接種間隔は4週間以上
【料   金】   1回12,340円(自費)

B型肝炎ワクチン

【対象者】   生後12か月の前日まで(0歳児)。
※HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険により、ワクチン投与の全部または一部を受けた方は、対象者から除かれます。
【接種回数】   計3回
【接種方法】   生後2カ月で1回、4週以上の間隔をおいて2回目、1回目の接種から20週以上を経過して3回目を皮下に注射します。

日本脳炎

新ワクチンでの接種が開始されています。これまでの積極的勧奨の差し控え(H17~21年度)の影響で接種の機会を逃した方も、「特例対象者」として、定期接種が受けられます。その中でも、積極的勧奨の対象となる方には案内が届きますので、第1期(3回)の未接種分の有無をご確認いただき、特に接種をお勧めします。

【特例対象者】   平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれ(4歳以上20歳未満)
【標準の対象者】   1期<3歳以上7歳6か月未満> =4週間間隔で2回、
1年後に1回追加、計3回。
2期<9歳以上13歳未満> = 1回

MR 2期

【対象者】接種時期は小学校就学前の1年間
現在の対象者<平成24年4月2日~平成25年4月1日>の方は3月31日までに接種をお忘れなく!

水痘

【対象者】1歳以上~3歳の前日まで
【接種回数】3ヶ月以上の間隔をあけて2回接種